そのうち田舎に住みたいなぁ

東京在住のリモートワークエンジニアが田舎暮らしを目指すブログです

PCの普及スピードと、IT化がとてつもなく早いと感じました

今日の昼少し前に、妻のお母さんと話をする機会があったのですが、ここ20年間のIT化がとんでもなく早いなぁ。。と感じました。

というのも、20年ほど前はWindows95が出てちょっと経ったくらいでしょうか。

私がインターネットを始めたのも、Windows95を触れるようになってからです。

目次

 

PC・インターネットを始めたきっかけ

その頃はまだ周りにインターネットというものが普及していないどころか、PCすら殆ど持っていない家庭が多かったのではと思っています。

 

実家にマイツールがあった

私がPCを購入するきっかけは、実家が自営業をしていましたが、その時にリコー社のマイツールという表計算ができるソフトです。

マイツール - Wikipedia

 

マイツールでは簡単なお絵かきもできたので、子供の頃はよく遊んでいたのですが、高校1年生の時にリコーの社員の方とお話する機会があり、初めてインターネットというものを知りました。

インターネットで何ができるのか?どうやったらインターネットができるのか?質問をぶつけまくった結果、インターネットにかなり興味を持ちました。

 

PC・インターネットを知った後

PCが必要、当時インターネットは電話回線を使用するということ、とにかくお金も結構掛かるということを聞きましたが、中学生の頃から新聞配達をしていたのでお金は溜まっていたので、今すぐにでも買いたい!という気持ちから初めてPCを購入し、インターネットもつなぎました。

 

リコーの営業の方に色々使い方を教えてもらい、いざやってみたら見事にハマり、お陰で電話料金がとんでもないことになったので、相当怒られましたがw

お陰で、ブラウザキャッシュや何度も見るページをローカルに保存するという技を学んだ気がします。。w

 

周りが徐々にインターネットをやり始める

専門学校に行くようになってから、周りの環境が一気に変わったのもあり、周りの友達はほぼPCを持っており、インターネットも当たり前のようにやっていました。

 

その中には既にホームページを運営していたり、アングラサイトを利用していたり、本当に自分は何も知らないんだなぁ。。と感じましたw

まあその友達のお陰で、私もホームページを持って運営できるようにもなりました。

くだらない日記とかを毎日HTMLで書いてはサーバにアップしてました。

(ブログのようにweb2.0の考えがまだない時代)

 

実はそのホームページを両親が毎日見ていたそうで、私が日々何を勉強しているのかとか、無事に学校生活を送れているかというのがわかりやすくて、非常に好評だったようですw

今思うとすごく恥ずかしいですが、それで安心できたというのであればやっていた意味もあるってものですね。

 

スポンサーリンク

 

 

2000年頃からweb2.0の考え方が普及、ソーシャルメディアも活性化

この頃から多数の人がPCを持ち始め、インターネットをやっている人が非常に増えてきたと思います。

専門的な知識がなくてもブログを書けるし、発信することが容易にできるというのも、とても楽しい時代になってきたと思いました。

 

ソーシャルメディアの活性化

そして時代は流れて、mixi、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアがたくさん増えてきたことと、スマートフォーンの普及により、1人1台だけではなく、1人n台という数の端末が人口割合を越す勢いで増えてきています。

新しいWebのサービスも増えてきていますし、少し業界を離れると自分の知っている情報は既に古いものとなってしまうんですね。

 

ただブログを書く・見るだけでなく、SNSのアカウントを使用したOAuth(オー・オース)という認証の仕組みや、データを引用したりするAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)などが利用できるようになったりしています。

 

こういった仕組みを活用してWebサイトを構築したり、それを利用したサービス等がたくさんあり、スキマ産業とも言うんですかね?でもそれをうまく利用することが今の時代必要なんでしょうね。

 

おわりに

色々書きましたが、田舎で畑をしながら生活したいという、このブログに書いている内容と逆行していると感じる方もいるかもしれませんが、あえてそういう環境でバリバリIT化したら面白そうって思いませんかね?あれ、思わないですか。。

 

でもそういう人生も面白そうということで、何かやりたい!と思った時にやれる今だからこそ、そういう生き方もありと考えていますw

 

それではまたー