そのうち田舎に住みたいなぁ

東京在住のリモートワークエンジニアが田舎暮らしを目指すブログです

まずは出来なくてもやってみることが大切だと思う

今まさにタイトルの事が出来なくて悶々としているんです。。

何に対して出来ないのかというと、サラリーマンを脱して個人事業主となり、リモートワークをメインに生活をしています。

せっかく時間があるのだから事業の1つでも考えてみようと思っていますが、全く行動できていないです。

目次

 

なぜ事業をしないといけないと感じているか

私は個人事業主なので企業とは違って、新規事業を行って新しい道を開拓しないと倒産しちゃうよー、って事はありません。

ぶっちゃけ、リモートワークの仕事だけで食べていくことは可能です。

では何で事業をやらなければと感じているのは、社会から取り残されている感じがするからです。

 

リモートワークをやっていると、人との接点がすごく少なくなります。

当然ですね、仕事はPCとインターネット環境があればやっていけるものなので、人と合う必要がないからです。

やり取りだって、メール、チャット、電話で応対できますし、基本自宅の作業部屋で一人で黙々と作業をしていることが多いのです。

そんな環境だから、鬱々してしまってネガティブな思考だったり、イライラが多くなっちゃうのかもしれません。

 

じゃあ何か事業を立ち上げることでそれを解決できるのか?ということを考えても、結局一人でやれてしまうのであればあんまり変わらなそうではありますがw

 

しかし、事業を行うということは一人でやり遂げるのは難しいと思います。

必ずといっていい程、周りを巻き込んだものになるかと思います。

社会に役立つ事業であれば尚更ですし、一人で完結するものは事業とは呼べないかなぁとも思っています。

(もちろん今やっているリモートワークの業務も、誰かの役に立っていることは間違いないですが、私が今やっているのはひたすら一人の作業なので。。)

 

とにかく、エネルギーを大量に消費することだと思います。

だからこそやりがいもあるだろうし、人に喜んでもらえる事業、サービスは自分も嬉しくなると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

じゃあダメで元々やってみるべき

まあ、そうなんですが、色々考えている事業のネタが自分自身のツッコミで考えが浅すぎるな。。とか、独りよがりな内容だったり、まあ自分勝手に考えてやってみたいことだけだったりするんですねw

 

つまり、自分で勝手にダメだと判断しちゃっているから動けていないんです。。

所詮、しょぼくれた30代後半のおっさんが考える内容なんて大したことないんですが、まず行動しないというのがダメだなぁと痛感します。。

 

でも実際やってみたら何か自分の中で変わる可能性だってあるんだし、ウジウジ考えている暇あればやってみて、ダメなら撤収!次ー!って感じで行動したら良いんですよね。

妻は後押しをしてくれるんですが、出不精で明日、明後日とつい先送りしがちなんです。

 

しかしもう30代後半、思い切ってやるなら今ですよね。。

 

時間は戻らない、だったらもう始めてみよう

何度も出ている「30代後半」というワードの通り、気づけばこんな年齢になっている。。

どんなにお金があっても若返りは出来ない、時間ってすっごく貴重なんですよね。

本当に何度も思っているのが、小学生の頃に戻りたいって。。

 

でももう戻れないので、じゃあ今悲観的になってもしょうがないので、今からやれることをやっていけばいいと思えればいいかな。

40代になった時に、30代の時にああしていれば。。ってまた悲観的にならないようにね。。

 

おわりに

今回の記事は、全然動けていない自分に対しての皮肉みたいな記事ですw

こうしないと動けないってのも問題ですが、過去の自分が全然行動できていないというのが勿体ないと感じてならないです。

 

とにかく失敗して当然、失敗しないと成功なんてつかめない、そしてそもそも行動しないと成功なんて出来ないし、行動しないことが失敗よりダメだということを肝に銘じて何かやってみようと思います!

 

それではまたー