そのうち田舎に住みたいなぁ

東京在住のリモートワークエンジニアが田舎暮らしを目指すブログです

ファイアーエムブレムエコーズで「流星」を手に入れてしまった

みずがめ座流星群を見に外を徘徊していたが、結局朝になってしまって見れず。。。

家に帰宅後、6章攻略のためにエコーズの課金コンテンツ「星の神殿〜深き場所〜」をやってたら普通に壺からドロップしました。

 

てか、これ良いんかな。。?

外伝の時は、かなり低いドロップ率だったからなおさらこんなにあっさりと出てしまって。。

目次

 

外伝時のドロップ率

過去に挑戦した方は沢山いらっしゃるようですが、正確なドロップ率は分かりませんが、入手確率が良い順は以下のようです。

げっこう > たいよう > りゅうせい

 今回私が入手できたのは「流星」なので、外伝の例で言うと一番確率が低い武器だったようです。

 

ちなみに外伝の時は3つとも槍でしたが、エコーズでは流星は剣、太陽は槍、月光は弓の様ですね。

 

武器の性能

太陽と月光は手に入れていないので割愛します。

流星ですが、必殺の値が非常に高いですね。

最高値まで強化した勇者の剣でも必殺は40なので、デフォルトとして50はすごく良いです。

攻撃力、命中、重さも気にならないですね。

 

あと、1番のポイントは戦技です。

流星の戦技は「流星刃」で、後悔はダメージの半分の攻撃を五連続で行う、だそうです。

これはかなりやばい性能ですね。。

その代わり、消費HPは10とコストは高いですが、アルムの「覇神断竜剣」の16消費よりはマシです。

 

スポンサーリンク

 

過去シリーズの、流星、太陽、月光

外伝、エコーズ以外にも伝統というべき流れがあり、恐らく最初に出たのが外伝ですが、その次は聖戦の系譜ですね。

特技に、流星、太陽、月光があり、イザーク地方の王族の者が使える様でした、例外はありますがね。。

 

聖戦の系譜

流星剣の使用可能者はイザーク国の者に代々伝わっていました。

使用者は、アイラ、シャナン、ラクチェ、スカサハだけだったかと思います。

卑怯なまでに強い上に、勇者の剣を持たせるとチート級の強さになります。

更に☆100まで育てたら大変なことに。。

 

月光剣の使用者はイザークのソファラ領主の息子ということらしいです。

アイラとカップリングさせると、子供の剣レベルがAを超えて☆になるという、意味ないですけどね、、ただ聖戦の系譜の世界では聖戦士の血を引き継ぐ者同士がくっつくと大変な事になるって設定が合ったような気がします。。

 

太陽剣の使用者はデューという盗賊です。

イザークと関係があるのかどうか。。謎ですね。

あ、ちなみに敵キャラでもボイスというソードマスターが太陽剣を使ってきますね。

太陽剣はイザークと関係ないんでしょうかね。。

 

トラキア776

聖戦時のイザーク王家のキャラが出なく、代わりにリボー王家のカルザスと、その娘マリータが使えました。(マリータはイベント経由で習得)

月光剣も同じく上記2人が使えました、マジで鬼な強さですw

太陽剣はちょっと変わって、トラ7新キャラの、シヴァ、パーン、イリオスとなっています。

もはや太陽剣はイザークとの関連は無く、割りと普及している技なんでしょうかね。。

 

まあ太陽剣なら分かりますが、月光剣ですが、トラ7だとアイテムで覚えることができちゃうのです。

てかいいのか、イザークの秘技がアイテムで覚えられるとか。。

 

他シリーズ

実はトラ7以降、殆どやってなかったのであるのかどうかは不明ですw

ティアリングサーガという元ファイアーエムブレム開発者達が独立して作ったゲームでは別の名前で同様のスキルがありました。(流星剣→竜聖の技、とか)

 

おわりに

話の流れが聖戦の系譜に行っちゃいましたが、とにかく低ドロップであるはずの「流星」が手に入って、また寝れずに興奮しちゃって日が完全に上がってしまいました。。

あー、まずいなぁ。。

ちなみに聖戦の系譜はストーリー結構好きなんですよ。

多分ファイアーエムブレムの作品中で一番好きかも。

考察とかも結構好きなので、いつかそれネタに記事書いてみようかな。。

それではまたー