そのうち田舎に住みたいなぁ

東京在住のリモートワークエンジニアが田舎暮らしを目指すブログです

田舎に移住したいけど、働きたくないというわけではない

むしろ結構ガッツリと働きたいですね。

あ、正しくは動き回りたいってことかなー、肉体労働したいですね。

昔はデスクワークに憧れていた工場で働く若造でしたが、今はフィールドワークの方に憧れているおっさんです。

目次

 

いまさら肉体労働とかできるのか?

自分、結構なめてかかっていますねw

ちょっと石窯作った、木工作品作ったくらいで、そういったワークスタイルに憧れているだけかなぁと。。

もちろん出来なくはないですが、30後半のおっさんが何の経験も無しに肉体労働が務まるのか?と。。

 

ただ、出来る、出来ないと考えている時間も無駄ですから、そのうちに何かやるべきではないかと。。!

 

スポンサーリンク

 

そもそも食べていけるのか?

そこなんですよね、農業をやる事も考えていますが、自分達の食べる分だけと考えているので、稼ぎにはならないかと。

最初はリモートワークの仕事をこなしつつ、何か自分で作る事を考えています。

そう、そこに何を当てるかが問題なんですよね。

 

候補1:木工製品をECショップで販売

まあ、実際のところは未経験者といってもいいくらいの腕前なので、モノになるまでにどれくらいかかるのだろうか。。

色々調べてみたら、職業訓練校とかも結構あるんですね。

本気で考えてみようかな。。素人の作品なんて誰も買いたくないですからねw

 

候補2:石窯でピザ屋開業

これも木工同様に厳しい道が待っていそうです。

まず店を構えるにはお金が必要です。

移動式のピザ屋でも面白そうですが、まず美味しいピザを提供できるのか、、これもまた素人が作ったピザなんかにお金出せるかって話になりますよね。。

アルバイトでもなんでも、まずはピザを学んだほうが早そうですねw

 

候補3:移住先で、その地域の仕事を探す

これが3つの中で一番まともな選択肢ですね。

もちろんどんな仕事があるかわからないので不安ではありますが、何より地元の人と無条件で関わることになりますので、その地域に馴染むには一番良い方法かなぁ。

生活の為に、と言うよりは地元により早く馴染むために、という感じでしょうか。

 

リモートワークは空いている時間にやれるだけやるというスタイルに調整が可能なので、とても都合が良いのです。(その分手取りは減りますが。。)

 

結論

やっぱり地元で仕事を探すのが良いかなと!

その地元をより理解するには、地元にいる人とのコミュニケーションが大切ですよねー

いつ行動に移すか、、まずは移住先を決めないとですね。

 

移住先をどこにするかそろそろ考えよう。。かな。。

私は北海道出身で、移住先も北海道が良いと考えています。

というのも、暑さにとても弱く、本当に暑さだけで会社を休んでしまうくらいダウンしてしまったりもするのです。

冬は非常に元気です、氷点下20℃とかでも生きていく自身はありますw

なので多分沖縄とか難しいですね。。旅行なら秋〜冬にかけてなら可能ですが。。

でも農閑期の時はどうしようか。。その時だけ上京するかリモートワークをガッツリとやろうかな。。

 

とにかく、今はまだ安易に場所決めはせず、もう少し調べてみるとしよう。。(面倒なのは後回し、悪い癖)

 

おわりに

こんなタイトルの記事を上げるってことは、会社に出社していないということに危機感を感じているのかもしれません。

 

 

と言いつつも、リモートワークをやっていると休暇も自分で調整なので「あ、今ってGWだっけか!」ってなっちゃいました。

連休最終日の憂鬱さも無いので、ある意味勝ち組ですね!

ただ、連休入る時の高揚感も無くなりましたが。。。

それではまたー