そのうち田舎に住みたいなぁ

東京在住のリモートワークエンジニアが田舎暮らしを目指すブログです

花粉症が酷すぎるので色々対策してみました

上京してからというものの、花粉症に悩まされています。

鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目の痒み、ひどい時はお腹を下したり、熱が出ることも。。

そんな私がやっている花粉症対策を紹介したいと思います。

目次

 

花粉症対策は花粉が飛ぶ前にやっておこう

なんか毎年、例年の◯倍とかニュースで見ると、そろそろ日本列島は花粉で埋め尽くされちゃうんじゃないかと。。

花粉症を発症してしまうとその年はとても憂鬱ですよね。

実は花粉症対策は花粉が飛散する前にやっておくと非常に効果的です。

ちなみに私は今年花粉症対策を全くしていませんでしたので、今酷い状態になっています。。

 

できれば早めにやっておく事が大切なのです。

 

花粉飛散時期について

地域によって違いがありますが、スギ花粉は早いところだと1月下旬頃から飛散する様です。

ヒノキも2月頃のようですね。

気温にもよりますが、それくらいの時期から対策は始めたほうが良さそうです。

 

花粉飛散前に薬を飲んでおく

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を飲んでおくと良いそうですね。

CMでもよくやっている、アレグラとかアレジオンが有名ですね。

ちょっと高いものもありますが、花粉症時期に大量の花粉症対策のアイテムやムズムズによるストレスを抑えるために先行投資として考えれば安いものです。

 

薬の副作用、眠気に注意

特に車を運転される方には注意が必要ですが、花粉症の薬ってすっごく眠くなりやすいんですよね。

上に書いたアレグラやアレジオンはあまり眠気が来ないので非常にありがたいのですが、中にはすっごく眠くなる薬もあるので要注意です。

私も1度すっごく眠くなってしまい、仕事にならなかった事もあるくらいです。

薬を購入する時は、念のため購入店の薬剤師さんに確認したほうが良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

花粉症の時期にやっておくべきこと

2月〜5月の間はとても憂鬱です。。

とにかく鼻水、くしゃみが止まらない日々が始まりますね。

とにかく花粉の時期にやっておくべきことをまとめました。

 

マスク、メガネを着用する

マスクやメガネを付けておくと、花粉を体内に侵入するのをある程度防いでくれます。

花粉の侵入を最小限にしておけば、それほど大きな被害を出さないですし、季節も冬なので、特にマスクは防寒にも丁度よいですね。

私は普段からメガネを着用しています。(視力が低いですからw)

まあさすがに花粉症専用のメガネをつけようとまでは思いませんでしたが、

 

着用する衣類にも注意が必要

花粉も物質なので目に見えなくても外を歩いていると体中あらゆる所に付着しています。

衣類はウールとか羽毛系だと凹凸が多いし、隙間も多いので花粉が入り込みやすく、払っても取り切れない花粉がたくさんあります。

なのでできれば花粉を払い落としやすい服で出かけるほうが良いですね。

おすすめは、ユニクロのウルトラライトダウンとか良いですね。

花粉もつきにくそうで、払い落としたらすぐ取れそうです。

 

花粉症対策の素材について

ちなみに、東レ株式会社の「アンチポラン」や、帝人フロンティア株式会社の「ポランバリア」という花粉症対策の素材があるそうですね。

花粉が落ちやすいという特徴があり、今後こういった素材が使われる衣類が増えていくとありがたいです。

 

衣類から花粉を落としただけではダメ

髪の毛にも相当花粉はついていますので、衣類はもちろん、髪の毛も家に入る前には必ず払ってから家に入るようにしたほうが良いです。

特に髪の毛は見ての通り隙間だらけなので、しっかりと落としておく必要がありますね。

帽子をかぶっておくのも一つの手ではありますね。

 

意外と鼻詰まりがやばい

鼻をかみすぎると鼻の中が炎症したりして、鼻で息がし辛くなりますよね。。

そんなときはこれ!

f:id:nature-region:20170504180752j:plain

 

ブリーズライトです!これ本当におすすめです!

 

付け方は簡単で、鼻詰りしている部分に貼ると、テープの中に仕込まれているプラスチックバーが真っ直ぐになろうとする力で鼻腔を広げてくれるので、鼻で息をする時に詰まり感がなくなるのです!

これで息苦しさも無くなり、快適に寝ることが出来るのです!

 

ただこれの難点が、あまり同じ所に付けすぎると、テープを付けている部分がヒリヒリしてくるので痛みがしてきます;

なので辛い時だけ付けるようにしています。

 

対策してもダメな時は

苦しんで過ごすしか無いです;

というのも、発症してしまってからだと、どんなに対策しても一時的に症状を抑えるもので、翌日にはまた同様の苦しみが待っています。。

ただし、もっとお金をかければ抑える方法はあるようです。

 

レーザー治療で鼻の粘膜を焼く

個人差があるようなので、絶対的な対策ではないです、詳しくは病院で聞いてみてください。

こう見ると怖いですが、実際は痛みとかは無いそうです。

ただ、焦げた匂いがするようですが、結構手軽に受けられるそうですね。

何せ仕事の昼休憩時に治療を受けていく人もいるそうで、花粉大国日本らしいといえばらしいですねw

 

レーザー治療の費用はどれくらいか

場所によって様々だと思いますが、1〜2万円程度のようです。

まあ私は受けたことがないので分かりませんが、この苦しみを軽減できるなら安いものかもしれませんね。。

 

花粉の無い世界に行く

この苦しみから解放されるにはこうするしか無いですよね。

といってももちろん日本以外の国でも花粉の飛散はありますので、時期をずらして渡航とかはありかもです。

 

国内で花粉の少ない地域

北海道、沖縄は花粉飛散量が少ないようですね。

この時期だけ、どちらかに拠点を変えるのはありかなと思っていますw

気候的に、寒い北海道より暖かい沖縄のほうが一般的に過ごしやすそうですが、私は寒いほうが好きなので北海道かなぁ、そもそも出身も北海道なのでw

 

おわりに

事前に対策って面倒でやらないことが多いんですよね。。

後悔後に立たず、本当に後から後悔するんですよねー、来年はしっかりと対策して快適な春を迎えたいと思います!

それではまたー